30歳の早漏防止のおすすめ対処法とは

30歳になるころには、SEXの興奮や刺激に対する免疫が生じてくるはずです。
20代のころは暴発することが多くても、30歳になると気持ちにも余裕が出てきて、プレイ中に女性の反応を観察することも可能になります。
どの程度のピストンスピードにすれば、何分くらいで射精するのかイメージできるようになります。
早漏防止のテクも自然と備わってくるものですが、30歳になっても依然として早漏が治らないという方もいます。

そうした男性におすすめの対処法は、定期的に自慰をする習慣です。
自慰をする頻度は男性により異なり、1日2回も方もいれば、週に1回という方もいます。
早漏に悩んでいる男性には、週に1回しか自慰をしないという方も多いです。
自慰の頻度が少なくなれば、性欲はどんどん増幅されていくでしょう。
性欲と興奮は比例するため、性欲をためてSEXにのぞむほど早く射精してしまうのです。

早漏防止を意識する男性は、自慰の頻度を増やしてみることです。
具体的な回数は自分で調整する必要がありますが、週に1回しか行わない方なら、2日に1回くらいに増やしましょう。
睾丸という精液タンクが満杯になるには3日程度かかるのです。
3日に1回の頻度では、性欲がピークになってしまいます。
2日に1回程度に抑えておけば、性欲がたまりすぎるのを抑えられるでしょう。
それでも早漏気味ならば、1日に1回まで増やすことです。
1日に2回となると、時間的にも体力的にも続けるのは難しいでしょう。
30歳の早漏防止の対処法として最初に行うべきは、自慰の回数を増やすことなのです。
1日1回まで増やしても早漏が解消しないなら、医薬品などを使用した早漏防止の対処法が必要となるでしょう。
個人輸入代行サイトには、早漏防止薬やグッズが販売されているので利用しましょう。